トップページ > 株式会社 誠興業 高生加誠社長インタビュー

株式会社 誠興業 高生加誠社長インタビューInterview

休暇を取りやすい環境づくりに取り組んでいます!
社員の生活を第一に考えた職場で働きませんか?



Q.会社を経営する上でのポリシーは?

社員が心身ともに健全であるために、働きやすい職場をつくることです。

みんなが生き生きと仕事をしているのを見ると大きな喜びを感じますし、会社全体の士気も上がります。

特に我々のような2次請負業者の労働環境は時代遅れで、整備が進んでいるとはとても言えません。

私は18年前の創業当初からそんな業界の実態をいつか変えたいと思い続けてきました。

「心身ともに社員が働きやすい環境を整えよう」と同業他社とは違った当社オリジナル制度を社内に取り入れたのはそのためです。


Q.具体的にどんな制度を導入したのですか。

今、当社で働いてくれている社員の中には、事務所まで通勤時間が1時間近くかかる方もいます。

したがって、そのような、遠方に住んでいる社員は事務所に通う必要を無くしました。

最終的には必ず現場に行くのに、いちいち事務所に顔を出すのは時間の無駄だと思ったんです。

もちろん、今後、入社してくれる方で、当社の事務所から近い方は毎朝事務所に来てもらいたいとは思いますけどね。

それでも、自宅から直接現場に行けるようにしたことで、その結果、社員はプライベートの時間が増えました。

次に、休暇を取りやすい環境を整えました。

建設業界ではあらかじめ竣工までのスケジュールが決まっていて、一度現場が動き始めたら休みを取りにくいのが現状です。

会社によっては休暇の申請をしても断られてしまう場合もあることでしょう。

当社では日曜日は必ず休日にしています。

また、これまで社員からの休暇の申し出を断ったことはありません。

社員には、仕事以外にもプライベートな自由な時間を確保してほしいのです。

業界としては、少しずつ週休二日制への流れも出てきています。

ただ現状は、土曜日も現場も動いていますし、私たちだけ休むと他の会社に迷惑が掛かってしまいます。

今のところ、まだ完全には週休二日制は実現できていない状況です。

ですが、これから人数が増えていけば、シフトにも余裕が出て皆が休める時間が増えていくでしょう。

実はそこが今回、採用を強化しよう、新たに人材を募集しようとしている最も大きな理由です。

建設業が忙しいのは事実です。

それでも休みなく仕事のことばかり考えている人生だと幸せとは言えないでしょう。

私ができることはいつも現場で活躍してくれている彼ら職人の労働環境を少しでも改善することです。

それこそが社長としてのわたしの使命だと思っています。


自然と会話が生まれる明るい職場

Q.社内の雰囲気は?

社員はみんな気さくで面倒見のいい人間ばかりです。

新入社員も会話をしているうちになじめると思います。

現場には誠興業以外にもたくさんの職人がいます。

みんなが作業の進め方を教えてくれるので、未経験者でも心配はいりません。

建設業者って不思議なもので、たとえ人見知りでも仕事場に行けば明るくコミュニケーションをとれるようになるんです。

実は私自身、もともと人と話すのが苦手でした。

でも、18歳の時に入社した建設会社で初めて現場に出たとき、すぐに先輩たちと仲良くなれましたから。


Q.誠興業の強みについて教えてください。

経営が安定している点です。

メインの取引先には創業92年の「株式会社安井組」という1次請負業者があります。

大手総合建設会社の「大成建設株式会社」からの受注を請け負うなど、福岡の建設業界では一目置かれる会社です。

また、現場には元請会社や安井組の職人をはじめ、鳶・土工工事のプロフェッショナルがたくさん働いています。

技術を学ぶ場としてはもってこいですよ。

早くスキルを高めて、手に職をつけたい方には特にオススメですね。


Q.どのようなキャリアアップが見込めますか?

誠興業では、将来独立したいと考えている方へのサポート体制が整っています。

独立は一朝一夕にできるものではありませんが、独立したいという強い思いと責任感のある人であれば必ず実現できます。

独立した後、1件500万円以上の案件を請けるためには建設業許可が必要です。

また、許可を得るためには自営業で何年とか、いろいろと決まりがあります。さらに資格も必要です。

建設業で独立するためにはハードルがいくつかあるんですよ。

当社に入社すれば、将来独立を考えている人には、スキルなども見ながら役員に任命して活躍できる舞台もこれから整えていこうと考えています。

そうすれば、創業後の各種手続きの流れや経営方法についても、一から教えられますしね。

また、当社で修業して足場組立や解体の技術を身につければ、どこに行っても重宝される、一生モノのスキルを身に付けることができます。

ゆくゆくは、独立しても同じ釜の飯を食った仲間として、一次下請け会社に紹介することもできます。




スキルは不問!やる気のある若者を募集中

Q.求めている人材は?

特に欲しいのは20、30代ですね。

明るくてやる気に満ちた人を求めています。

現在、8名の社員のうち20代が1人いますが、あとは全員40代以上です。

こうした若者不足は業界全体で問題になっています。

この問題の背景には建設業に対する良くないイメージがあるのかもしれません。

不安な気持ちもわかりますが、当社は雇用主と社員という関係ではなく、あくまで対等に社員と向き合っています。

いつも現場でがんばってくれている社員に対して感謝をし、労働環境や労働条件を見直して少しでもいい会社をつくりたいですね。

業界に良いイメージを抱いていない方にこそ、一度、当社を見てもらいたいですね。

これまでもっていたイメージが、ガラリと変わるはずですよ。


Q.建設業者のどこにやりがいがあると思いますか?

人間にとって必要なビルやマンションという居住空間をつくっているところですね。

大成建設株式会社の定例会に参加したとき、役員の方が「熊本地震が起きた際、まっ先に召集が掛かったのは建設業者でした。

我々がいなければ、誰がその復興の仕事を行うのでしょうか」と問いかけておられました。

私はこの言葉にとても感動し、我々の仕事は無くてはならない重要なものなんだと再確認したのです。

生活において大切な「衣食住」のうち「住」を守るのは私たち建設業者です。

この先もずっと人々の「住」を良いものにするためには技術の伝承が欠かせません。

だから若い世代にこそ、建設業界にチャレンジしてほしいのです。


Q.未経験者でも大丈夫ですか?

未経験者でも大歓迎です。

どんな人も初めは皆、未経験者です。

当社で働く人たちも初めは皆、そうでしたが、今では職人としてバリバリ活躍しています。

ですから、経験がないので大丈夫だろうか?と心配する必要はありません。

私を含め共に働く仲間たちが、教えてくれるので安心ください。

人それぞれ生まれ持った能力に違いがあるので、成長の度合いには差が生じることもありますが、やる気があれば必ず進歩することができます。

初めのうちは何か道具を持ってこいと言われて、それを持ってくることしかできないとしても、自分は役に立っていないと悲観することはありません。

それを持ってきてくれる人がいるから作業が進むのですから。

どんな人も始めはそこからです。

そこから次第に知識や技術、体力が身につき、仕事が楽しくなってきますよ。


Q.給与はどれくらいになりますか?

給与額についてお話しする前に、少しお話しておきたいことがあります。

弊社では鳶と土工の2つのグループがあります。当社の場合ごく簡単に言うと、未経験者は土工から始まり、経験を積んで鳶となります。

よって、相対的に土工より鳶のほうが給与が良いということになります。

当社に入社した方には、是非、鳶職を目指して頑張っていただきたいです。

社員の成長はわたしとしても大変嬉しいことですし、その頑張りに応えていけるだけの会社にしていきます。

話は戻りますが、給与は未経験者の場合、月給185,000円から始まります。

もちろん、経験者の場合はこれと同じではありませんのでご安心ください。

経験等しっかりと考慮させていただきますので、ジックリとあなたのお話や要望をお聞かせくださいね。

弊社は、一カ月単位の変形労働時間制を採用しているので、月給185,000円で一ヶ月間に25日働いた場合、給与は200,000円ほどとなります。

一カ月単位の変形労働制は少し理解しにくいかもしれませんが、面接の時にしっかりと説明させていただきますね。

分らないことは遠慮なく何でもご質問ください。


Q.最後に入社希望者の方へメッセージを。

私は高校を卒業してすぐにこの世界に飛び込みました。

入社した直後は荷物を運ぶだけでヘトヘトです。

でも目標をもって一所懸命がんばっているうちに体力がつきましたし、ちょっとやそっとのことではへこたれない、強い精神力も養われました。

何より、ノウハウを学ぶうちに自分だけでできる作業が増えていくのは、達成感があって楽しいものですよ。


ページトップへ戻る
Copyright(C) 福岡・糟屋 とび・土工工事業『株式会社 誠興業』 All Rights Reserved.